茶道具と言えば日本の伝統的な美術品であり、歴史に残る名品が数多く作られています。
有名な武将も茶道を愛好していた方が多く、その道具にはこだわりを抱いていました。
現在でも茶道は様々な流派が存在し、日本各地で習っている方がおられます。
芸術品としてだけでなく、実用品としても価値のある茶道具は、高価買取が見込める骨董品の一つでもあります。
こうした道具を買い取りに出す際に大切なのは、一般的なリサイクルショップではなくきちんとした鑑定士がいる場所に持って行く事です。
市場価値だけではなく、芸術品としての価値も理解してくれる鑑定士がいる骨董品店や茶道具専門店に査定をお願いしましょう。
また、査定に出す際は一店に持って行くのではなく、必ず複数のお店に持って行く事が重要です。
特にこうした商品は場所によってお値段が大きく変動する事がありますから、より高価に買い取ってもらうには様々なお店の査定額を聞いた上で一番高価な場所に売る事が良いのです。

サービス内容

最近ではこうした骨董品を買い取ってくれる美術品や骨董品店は、多くの場合自社サイトを持っています。
自社サイトでは遠方にお住まいのお客様に配慮して、郵送でも査定や買取を受け付けているものですから、利用する価値があります。
特に複数店舗に査定をお願いしたくても、店が遠方で店頭まで持っていけない場合は、このような手段をとると良いでしょう。
また、鑑定士の質や買取価格の上下などはネット上で評判が出回っているものですから、チェックした上でお店を絞り込むのも大切です。
特に流行物の茶道具を売却したい場合は、一般的な買取価格が高いお店を探すのが最適なのです。
必ず市場の動向を掴んでいる鑑定士がいる場所に査定をお願いしましょう。
一方、場合によっては自分自身で商品を配送しなくても、鑑定士がじかに家に来て査定をしてくれる場合もあります。
そうしたサービスを行なっている会社はサイトに必ず記載しているものですから、確認してみましょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31